利益はペイアウト率次第

1から10まで教えるバイナリーオプション

最新事情

関連情報

類似記事

当サイトについて

利益はペイアウト率次第

金融商品は、ある指数が現段階よりも上がるか下がるかを予測して売買を行い、その指数の変動幅によって損益が確定する取引です。
バイナリーオプション取引は金融商品の一種で、同じくある指数が現段階よりも上がるか下がるかを予測し売買するまでは同じですが、損益は指数の変動幅ではなく固定されているという点が大きく違います。損益の確定も定められた時間によって決定されるため、短時間で売買が完了する仕組みとなっています。

このバイナリーオプション取引の利益に関してはペイアウト率と呼ばれるもので決定されますが、損失に関しては投資した金額すべてになります。
つまりバイナリーオプション取引では、指数が予測どおりに動いた場合にはペイアウト率で定められた数値が払い戻され、予測とは反対に動いた場合にはすべてを失うということです。ペイアウト率に関しては、おおむね1.8倍を基本とし、最大でも1.99倍で2倍を超えることはありません。

また上がるか下がるかの予測が極端に偏るとこのペイアウト率は低下するため、それだけ利益も少なくなります。
また極端に予測が偏ると業者によっては、売買を完売という形で実質的に新規の売買を禁止する場合があります。

購入した分しか損はない基本はハイロー取引
copyright(C)1から10まで教えるバイナリーオプション